ニュージーランド「超」弾丸旅行 ハーバーサイド

スポンサーリンク

フェリー乗り場からプリンセス・ワァーフの先端にあるヒルトンを見たところです。

ニュージーランド「超」弾丸旅行 ヒルトン・オークランドの部屋
謹賀新年あけましておめでとうございます今年もどうぞよろしくお願い申し上げます年の初めから、ホテルでの「ごね」話ですみません(初笑)。もちろん本気で「ごね」ているわけではなくて、他にも提供出来るという部屋を見せてもらって、...

抜けるような青い空、白い雲、係留されている帆船、まさに夏のイメージそのものです。
それでいて湿気が全くありません。

人も多くありません。
のんびりしています。

気持ち良~~~い!

何か癒される雰囲気も充分な街です。

さぁ、街歩きを開始しましょう。

ヒルトンからこのフェリー乗り場までは、歩いて数分。

オークランドのある意味シンボルの一つとなっている、この歴史的な建造物のフェリー・ビルディングは、実に存在感があります。

あっ、レストランもあるようですね。

2階のレストランは(1階にも別の店があります)フェリー乗り場から各波止場を見渡せそう、今日は気持ち良い天気だし、機内食で朝食もほとんどパスしているから軽くブランチしたい・・・そんな気分で、この2階のレストラン「Harbourside Seafood Bar and Grill」を目指します。

予約もしないで出かけたのに、素晴らしいテラス席をアサインしてもらいました。
ここからも波止場の先端にヒルトンが見えます。
まだ11時過ぎというのに、テラス席はかなりな埋まり具合、人気のほどが分かるレストランです。

周囲のテーブルには例外なくワイン、ワイン、ワイン(笑)。
まだランチタイムというのに・・・この国ではワインは水代わりなのでしょうか。
僕のテーブルの上のドリンクはニュージーランドで一番有名な飲みもの「L&P(エルアンドピー)」。

レモン系の炭酸飲料です。

この後もいろいろ食べたいので、軽い注文にします。
アペターザーから2品。
まずフレッシュなオイスター。
2種類を3個づつ盛り合わせてもらいます。

美味しい!新鮮!
一つが3ドル(160円くらい)。
う~~~ん、割りとあっさりめのと、クリーミーなのと・・・これは良いスターターです。
オイスターの名前(産地)は控えてくるのを忘れました。
2皿目はホタテのグリル。

これも新鮮なのがよ~く分かるプリプリ感が最高です。
中は半生で、フレンチベースのサラダ仕立て。
ニュージーランド一食めは、行き当たりばったりの店に入ったのに、大成功のようです。

註)

※2019年5月現在は店名が

Harbourside Ocean Bar Grill

となっているようです。

Harbourside

The Ferry Building
99 Quay Street
Auckland City

タイトルとURLをコピーしました