reduced rates 10679円@「ヒルトン東京ベイ」 

スポンサーリンク

新春ホテル初め第4弾

僕の新春ホテル初め第4弾は舞浜の「ヒルトン東京ベイ」。
もう何回も取り上げたホテルですが、今回も簡単にレビューしておきます。

宿泊レートはking celebrio parkが1泊1室8750円++、総額10679円というもの。

リゾートホテルなのでシーズナリティが大きく、閑散期はこんなに安く泊まれます。
僕はこのホテルを東京駅から20分の舞浜というロケーションから、ビジネスホテルととらえ、値段の安い時だけ、主に仕事の前泊あるいは後泊として使っています。
今回の激安価格はセールの時に取ったもので、残念ながら混んでいるためアップグレードはなしということでしたが、メンバーシップのおかげで「セレブリオラウンジ」は利用できます。
レセプションにはいつものスリランカ人男性がいて、僕の顔を見るや流暢な日本語で「お久しぶりです。お元気でしたか?」などと声をかけてくれます。
この人、本当に何時でも完璧なホスピタリティで、ヒルトンに置いておくのはもったいないほど(?)。

ラウンジは朝の6時半から夜の8時半までのオープン。
朝食はオープンから午前10時まで。
アフタヌーンティー・タイムは特になく、カクテルタイムは午後5時半から7時半までです。
僕がチェックインしたのはカクテルタイムの前、テーブルの上にはまだ何も出ていません。
アウトドアのスペースに出てみると、ちょうどサンセット。
東京ゲートブリッジの所に真っ赤な太陽が沈みつつあり、富士山もくっきり見えています。
あぁ、良い景色、良い夕焼け。

ラウンジと同じ1階にある「ラウンジ・オー」では恒例のスイーツ・バフェ、今期は苺メインの「ストロベリーフィールド」をやっていたので、第2部は午後6時までだし、スイーツ以外のものもあるはずので、夕食代わりにここでも良いかと寄ってみましたが、完全満席、「1席もご用意出来ないんです」とのこと。
すごい人気です。

現代的になったエレベーターで・・・
アサインされた11階の部屋に急ぎます。
おぉ、このタイプの部屋は久しぶりです。
最近ずっとアップグレードされて、セレブリオセレクトの部屋になっていたので。
でもこのホテルには数の少ないキングの部屋になったのは、1人利用の僕としては嬉しかったかな。
インテリアは若い人向けで、ホテルのウェブ

千葉・舞浜のホテルなら【ヒルトン東京ベイ|東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】
千葉・舞浜のホテル【ヒルトン東京ベイ|東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】の公式サイトです。私たちは、品質のサービスとおもてなしの心を常に提供いたします。

には

白が基調のシンプルな空間に、ゆるやかな曲線と、アクアソーダブルーやラズベリーピンクなどの
優しいマカロンカラーを美しく使った、明るく遊び心のある客室です。
アートを感じさせるこの空間で、とっておきのリフレッシュタイムをお過ごしください

とあります。

独特のフォルムのコクーンソファが窓際に。

窓からはディスニーランド(の駐車場)が見え、パーク側は35㎡、海側が広さが40㎡です。
これは最近いつも置かれているウェルカム・アメニティ。
俺に部屋がアップグレードできなかったということでアルコールかスイーツをと言われ、スイーツをお願いしたら届いたバウムクーヘン


これが意外に美味しく、良いお土産になりました。
これ買うといくらなんだろう・・・。

king celebrio park roomレポートの続きます。

白基調のデザインを優先させた部屋だからでしょうか、この椅子は相変わらず座り心地が良くありません。

celebrio selectの部屋ではないので、冷蔵庫の中は空の状態。
次いで、ここもcelebrio selectとは大きく違うウェットエリアを見てみましょう。
アメニティは最近のヒルトンすべて同じのクラブツリー&イブリン。

洗い場付きのバスルームでも、TV付きでもない、昔からのスタイルのままです。
「セレブリオラウンジ」の説明書。

ダイアモンドメンバーへの説明書。
午後5時半からのカクテルタイム時のバフェ・テーブルの様子です。

この日は小海老のアヒージョ、ピザ、ミネストローネ、サンドイッチ、サラダ、チーズ、ピクルス、フルーツ、ケーキなどが並んでいました。
僕はサンドイッチ各種とサラダ、スープにチーズで結構満腹(たぶん昼飯を食べ過ぎたため?)。

つまりこの日はこれで夕食代わりに。
パーク側の部屋だったので、午後8時半からのディズニーランドの花火見物には絶好でした。

僕のポケット・デジカメでもこのくらいには写ります。
もちろん実際にはこの数倍はきれいです。
現在中華料理の「王朝」はクローズ中、リニューアルされて2月8日には再オープンするようです。
今度はラウンジの朝食について。
朝食は朝の6時半からで、「フォレストガーデン」でのフル・バフェでも食べられますが、あそことはとにかく混むので、食欲全開でもなければ、ここの方が良いでしょう。

和食。

サラダ。

コールドカッツ。

パン各種。

フルーツ。

基本アイテム。
納豆もありますよ。
ま、今回は「こんな値段で泊まってすみません」的料金での宿泊だったので、アップグレードなんてなくても、全然気になりません。
これからもお得なレートが出れば、ビジネスホテル的感覚で使おうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました